▷コロナワクチンの、製造工場については、今まで情報が出てこなかったですが、


「日本や世界や宇宙の動向」さまのブログ記事にありました。


読んでみると、なんとまぁ、酷いこと。日本では考えられない!と以前では考えていましたが、最近は、日本もどうか、わかりませんね、笑。
お隣の国々とは、比べるまでもなく、安心ですが……

▷ワクチンそのものの効果について、賛否両論がありますが、
どう考えてみても、インフルエンザなんて、効果60%台、今回のコロナワクチンは、90%を超えている、なんていう報道ですが、崎谷先生の記事では、数字の誤魔化しもあるし、遺伝子を用いたワクチンは、人類史上はじめての試みですから、今まさに、人体実験の最中であるわけです。

接種直後に何も起こらない、というのは、免疫力が弱っている状態(免疫抑制状態)なので、決して安心できなくて、数日後、数ヶ月後、数年後に、アレルギーやガンなどにつながるとのことです。ですから、なんらかの症状がすぐに出る方が、普通であって、ちゃんと免疫が働いている証拠ですよね。だからと言って、ワクチンは!有効だとは言えないのです。

いずれにしろ、ワクチンを打って、得することは、何もない。

自然免疫を高めて、つまり、心理的ストレスや食物によるストレスを避けて、良質な栄養を摂取することに専念する方が、圧倒的に良好な作戦だと思うわけです。

▷このコロナパンデミックが、偽の仕掛けられたパンデミックだと、みないておられる人たちは、全く不安もないのですが、

コロナを信じている方にとっては、おそらく、ワクチンを打たないと不安でしょうね。

気持ちは、わかりますが、
知らないことは「罪」ですので、

ビル・ゲイツをはじめとするdsカバール側の「人口削減計画」の一環であることを、知ってもらいたいですね。

転載開始

5/19-その1 


コロナワクチン


の製造工場は汚


染されています


 


: 日本や世界や宇宙の動向

Image: BOMBSHELL: FDA inspectors document horrific conditions at J&J COVID-19 vaccine plant

(Natural News


▶︎FDA食品医薬品局が


ジョンソン&ジョンソンのコロナワクチンの検査と製造工場を査察したところ、


ワクチンの成分に問題があった(他社のワクチンの成分が混入?)のと、


製造工場の床と壁一面に茶色い残留物(血液?それとも糞尿?)が付着しており、


医療廃棄物が入ったゴミ袋が(口が開いたままの状態で)工場のあちこちに引きずりまわされていたことが確認され、


15000万回分のワクチンが廃棄されました。


このような環境下で製造されているワクチンの汚染度合は我々の理解を超えています。


それはまるでファストフード用の鶏肉加工工場のようです。


そこでは、糞尿まみれで病原菌に感染している家畜や鶏が殺され、食肉となり、ファーストフード用に加工されます。


しかし汚染された工場で製造されたワクチンは、人々の命を奪っているのです。


多くのワクチンの中に大腸菌や尿素が含まれているのはこのためです。 


ジョンソン&ジョンソンのバルチモア工場を査察したFDAの査察団は、


この工場について、ワクチンの安全性と有効性のための手順を一切無視した工場であると報告しました。



衛生と感染予防のために常にマスクを着けているマスク大好き米国民は、


ワクチンの科学者や医師らが

人々を騙しながらワクチンを接種させている一方で、


医療廃棄物の入ったゴミ袋(口が開いたまま)を引きずりまわしている彼らの姿を映像で観たならどうなるでしょうか。


これはワクチンを打ちたい人たちの病原菌パラノイアに反したシーンです。



さらに、FDA査察団は、ジョンソン&ジョンソンの工場について、壁のペンキがはがれている、手順に従わずに汚染されている場所に従業員がいることなどを指摘しました。


今のところ、この工場で製造されたコロナワクチンはまだシープルたちの腕に注射されていませんが、


今後、この工場で製造された汚染されたコロナワクチンが他国にも販売される可能性があります。


これまでに米国で使用されたジョンソン&ジョンソンのコロナワクチン(800万回分)は、


ヨーロッパで製造されたものですが、ヨーロッパの工場がどんな状態なのかはわかっていません。


しかも、ジョンソン&ジョンソンの研究所所長らは、自社のコロナワクチンにアストラゼネカ社の有害なワクチンの成分を混ぜてしまったのですから。。


信じられません。両社の研究所が同じ場所にあることも理解できません。


両社は同じ部屋で、同じ(蓋のない)ビーカーを使って、詰まったトイレから流れ出た糞尿まみれの床の上でコロナワクチンの開発を行っていたのでしょうか。


しかしジョンソン&ジョンソンの工場を査察したFDAによる報告書は一切公表されません。


なぜなら、FDAが報告書を公表したり、主要メディアがそれを報じたなら大変なことになってしまうからです。



全てが汚染されています。


米国の医療エスタブリッシュメントがまるごと汚染されています。


FDAもCDCもワクチンメーカーも全て汚染されています。



そして彼らはみな科学や自然療法に熱心な人々を騙してワクチンを接種させるための汚いゲームを行っています。



また、彼らはプロパガンダと強制的な方策(ワクチン・パスポートなど)を実行しながら、


我々の細胞や血液に汚いワクチン(病原菌、血栓と認知症の原因であるプリオンを生成するmRNAなどが含まれている。)を無理やり注射しています。



NWOを押し進めている彼らは、我々の健康と富を奪いたいのです。我々の土地と銃も奪いたいのです。我々の人権をはく奪したいのです。我々に病気になり死んでもらいたいのです。


それが共産主義です。

米国では50年前からこのようなことが起きていました。


ポリオワクチンでさえも汚染されているのです。


ポリオワクチンの開発者は自分が何をやっているのかもわからず、


ただ猿の細胞から採取した異なるポリオ・ウイルス株を組み合わせて培養しただけなのです。


50年前にワクチンの接種が開始されてからずっと現在までワクチン詐欺ゲームが行われてきました。



そして(現在世界中で使用されている)mRNAワクチンは、


接種者の免疫系機能をコントロールし、


2回目、3回目のワクチン接種後に、免疫の働きを一瞬のうちに止めてしまうため、


全てのワクチンの中で最も汚染された危険なワクチンです。



~~~~~~~~~~~~~~~~~~
転載終わり


iPhoneから送信